レンタル後の注意点

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

バーチャルオフィスをレンタルした後も、いくつか注意しなくてはいけないポイントがあります。その中でも特に注意したいのが、バーチャルオフィスは複数の企業がレンタルする事ができるため、取引先に住所などを調べられてしまうと、バーチャルオフィスだとバレてしまう危険があるという点です。住所や電話番号などをレンタルするバーチャルオフィスは、実際にオフィスをレンタルする訳ではないので複数の企業が利用する事ができます。ですのでその住所を検索すると複数の企業が検索されてしまい、バーチャルオフィスとバレてしまう事があります。そうなると取引先からの信頼を失う危険がありますから、注意しなくてはいけません。

また、もうひとつ注意したいポイントとしては、バーチャルオフィスでは派遣業や古物商など許認可が必要となる場合に、許認可が取得できない事があるという点です。許認可が必要な事業を始めようと考えている場合、確認せずにバーチャルオフィスで事業を始めようとすると、許認可が取得できずに失敗してしまう可能性もあるため確認しておかなくてはいけないでしょう。

バーチャルオフィスは実際のオフィスのレンタル、購入する場合に比べてコストが少なく便利なサービスですが、レンタルした住所にオフィスが無いという事が取引先などに知られてしまうと、信頼を失う危険があるので注意が必要です。また許認可が必要な事業では許認可が取得できない、創業融資を受けられない可能性があるなど、経営に関する部分でもいくつかデメリットがありますので、きちんと確認してバーチャルオフィスを利用するようにしましょう。