レンタル後の注意点

バーチャルオフィスをレンタルした後も、いくつか注意しなくてはいけないポイントがあります。その中でも特に注意したいのが、バーチャルオフィスは複数の企業がレンタルする事ができるため、取引先に住所などを調べられてしまうと、バーチャルオフィスだとバレてしまう危険があるという点です。住所や電話番号などをレンタルするバーチャルオフィスは、実際にオフィスをレンタルする訳ではないので複数の企業が利用する事ができます。ですのでその住所を検索すると複数の企業が検索されてしまい、バーチャルオフィスとバレてしまう事があります。そうなると取引先からの信頼を失う危険がありますから、注意しなくてはいけません。

また、もうひとつ注意したいポイントとしては、バーチャルオフィスでは派遣業や古物商など許認可が必要となる場合に、許認可が取得できない事があるという点です。許認可が必要な事業を始めようと考えている場合、確認せずにバーチャルオフィスで事業を始めようとすると、許認可が取得できずに失敗してしまう可能性もあるため確認しておかなくてはいけないでしょう。

バーチャルオフィスは実際のオフィスのレンタル、購入する場合に比べてコストが少なく便利なサービスですが、レンタルした住所にオフィスが無いという事が取引先などに知られてしまうと、信頼を失う危険があるので注意が必要です。また許認可が必要な事業では許認可が取得できない、創業融資を受けられない可能性があるなど、経営に関する部分でもいくつかデメリットがありますので、きちんと確認してバーチャルオフィスを利用するようにしましょう。

レンタル時の注意点

バーチャルオフィスをレンタルする前に気を付けておきたいポイントとしては、レンタルする会社の住所とは別に住所や電話番号を用意しておかなくてはいけないという点です。バーチャルオフィスのサービスでレンタルできる住所や電話番号に郵便物や電話がきたとしても、そこに実際のオフィスはありませんので郵便物などの受け取りはできません。バーチャルオフィスではレンタルした住所などに連絡が来た場合、それとは別に設定された住所や電話番号に自動で送られるようになっています。

ですからバーチャルオフィスをレンタルする際には、郵便物や電話を受け取るための住所・電話番号などを用意しなくてはいけません。これは実際に自分が仕事をする事になる場所の住所や電話番号が望ましいので、バーチャルオフィスを利用しようと考えた時には、まず自分が実際にどこで仕事をするのかをきちんと決めておき、その住所や電話番号を郵便物などの受取先として設定できるようにしておきましょう。これを設定し忘れてしまうと、取引先からの連絡などが受け取れずトラブルの原因となりますし、経営にも大きな支障が出てしまいます。実際に自分が働いている住所や電話番号を設定すると良いですので、きちんと最初に設定できるようにしましょう。

ちなみに、大阪バーチャルオフィスでは、住所や電話番号など設定後、FAX転送サービスといったものもあります。また、住所貸し・郵便転送・電話転送・FAX転送などのビジネスプランなどがあります。バーチャルオフィスのレンタルを考えている方は、こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

バーチャルオフィス?

これから起業しようと考えている人の中には、会社の事務所となるべきオフィスを置きたいと考えている場所のコストが高く、どうしても資金が用意できないという人も多いのではないでしょうか。そういった時にぜひ利用して欲しいのがバーチャルオフィスのレンタルサービスです。バーチャルオフィスとはオフィスそのものではなく、住所や電話番号、FAX番号などだけをレンタルするというサービスです。実際にオフィスを購入する、レンタルする場合に比べてコストが安いので資金に不安があるという方でも、都心などの一等地に会社の住所を置くことができます。

バーチャルオフィスの利点は安いコストで良い立地の場所に会社の住所を置くことができるという点です。都心に住所を持っているオフィスなら顧客からも信頼されやすくなりますから、経営していくためにも非常に有効な手段となっています。どういったメリットがあるのかを知っておけば、これから起業する際にオフィスをどこに用意するのかという選択肢を増やす事ができるでしょう。起業には多くの資金が必要となりますから、その中からオフィスを用意する資金を抑える事ができるというのは大きなメリットとなります。

ただバーチャルオフィスを利用する際には、いくつか気を付けておきたいポイントがあります。レンタルする際に気を付けておきたいポイントと、レンタルした後に注意しなくてはいけないポイントがありますので、それらを知っておいて余計なトラブルが起きる事を避けられるようにしましょう。